べぷたの

VAPE(電子タバコ)で楽しく禁煙・節煙しよう! MOD、リキッドなどの各種レビュー、自作リキッドの作り方、VAPEにまつわるTipsなどをお伝えします。

カペラバニラカスタード

フレーバーレビュー 自作リキッド

Capella Flavors 『Vanilla Custard v2(バニラカスタード)』 レビュー

 

VAPEリキッドの中でも、数多くの種類がでているバニラカスタード。

今回はCapella Flavors(カペラフレーバーズ、以下カペラと略)から発売されているフレーバー、『Vanilla Custard v2(バニラカスタード)』のレビューをしていきたいと思います。

有名リキッドであるGrant's Vanilla Custard(GVC)の元になった事もあるこのフレーバーの実力どういうものなのか、早速紹介していきましょう。

 

注意事項

 

このレビューは、普段メインで使用しているGeekVape Avocado、クラプトンコイルのシングル0.5Ω前後で試飲したレビューであり、すべて私の主観によるものです。

ここで表現されている味は、メーカーが意図した物と違う場合があります。

当然、個人の好みにより、全く違う感想を持つ場合もありますので、あらかじめご了承の上、このレビューを参考にしていただければ幸いです。

 

一言で表現するなら?

 

あっさりしたバニラカスタード。

 

レビュー

 

まずは5%で試してみる

薄い。

卵がメインで感じられ、バニラはそれほど強くなく、甘味もそれほどでもない。
ちょっと生臭いような感じがあり、バニラ感、クリーム感ともに物足りない。

 

10%ではどうか

だいぶいい感じ。

甘味が増し、それぞれの味がしっかりと主張するようになる。
温度は高めの方が味は良く出てくる印象。

もう少し濃くしてもいいかも?

 

総評

 

私が試した限りでは、10%くらいの濃度からはじめ、15%くらいまで濃くしてしまってもいいかもしれません。

 

全体的な印象としては、単体でも使えるが、ちょっと物足りないという印象です。
もっとコクというか、深みのようなものが欲しいというのが個人的な感想。

その足りない部分をどうやって補うのか、そこが腕の見せ所と言えるフレーバーと言えるでしょう。

逆に、あっさりとしたバニラカスタードが好きというのであれば、これをベースリキッドで薄めるだけで十分かもしれませんね。

 

VAPE CHKさんの商品ページ:『Vanilla Custard v2(バニラカスタード)』

-フレーバーレビュー, 自作リキッド
-