VAPE(電子タバコ)で楽しく禁煙・節煙しよう! MOD、リキッドなどの各種レビュー、自作リキッドの作り方、VAPEにまつわるTipsなどをお伝えします。

べぷたの

GeekVape 521 tab mini アイキャッチ

機材レビュー

ドライバーンのできるオームテスター『GeekVape 521 tab mini』

投稿日:

 

今回紹介するのは、GeekVapeのオームテスター、『521 tab mini』です。

今時はMODを使ってもビルドやオームの確認はできますが、やはり専用の物があった方が使いやすいですね。

それでは、早速見ていきましょう!

 

パッケージング

 

外箱。

 

GeekVape 521 tab mini 外箱

 

開けるとこんな感じ。

 

GeekVape 521 tab mini 開封

 

ピアノブラックで、質感はなかなかいい感じです。

 

裏蓋を外すとバッテリーを入れるところがあり、VAPEでは一般的な18650タイプの電池を使います。
(電池は付属していないので注意)

 

GeekVape 521 tab mini 裏蓋

 

使い勝手はどうか?

 

それでは、取り出して電源を入れてみましょう。

 

GeekVape 521 tab mini アトマ

 

 

抵抗値だけではなく、バッテリーの残り容量も見られるようになっています。

 

GeekVape 521 tab mini USB

 

マイクロUSBの端子がついており、ここからバッテリーの充電もできます。

また、バッテリーを入れなくても、ここにUSBを繋いでおく事で、オームメーターとしては使用する事が出来ます。

ただし、ドライバーンは出力が足りないのか、できませんでした

 

コンタクトピンはスプリング調節式で、アトマイザーを選ばずに使用できそうです。

 

GeekVape 521 tab mini ピン

 

ビルドしてみる

 

それほど大きくはありませんが、やはり縦長のMODでやるのとは安定感が大きく違います

 

GeekVape 521 tab mini ビルド

 

スライドスイッチをドライバーンモードにして、ドライバーン。

 

GeekVape 521 tab mini バーン

 

ウィッキングしてMOD(eVic-VTC)に乗せてみましたが、誤差は0.02Ωほどでした。

MODによっても違うとは思いますが、ほぼ無視できる数値と言っていいのではないでしょうか。

 

総評

 

ビルド台として必要な機能を一通り揃えており、質感も良し。

 

他にオームメーターなどを持っているならあえて買う必要は無いと思いますが、はじめて買うのなら十分にお勧めできる一台です。

ほかにバッテリーチャージャーがなくても、単体で充電もできるというのは初心者には非常にありがたい点なのではないでしょうか。

 

あえて気になる点を上げるのならば、表面が光沢仕上げなので汚れや指紋が目立つ、というくらい?

 

使いやすいビルド台を使って、楽しいVAPEビルドライフを!

 

EVERZON 商品ページ

 

-機材レビュー
-

Copyright© べぷたの , 2018 All Rights Reserved.