べぷたの

VAPE(電子タバコ)で楽しく禁煙・節煙しよう! MOD、リキッドなどの各種レビュー、自作リキッドの作り方、VAPEにまつわるTipsなどをお伝えします。

フレーバーレビュー 自作リキッド

自作VAPEリキッドを作ろう! フレーバー編 その1

2016/09/05

 

前回は、基本となるベースリキッドの作り方について説明をしました。

今回からは、フレーバーを使ったリキッド作りに挑戦していきましょう。

 

どのフレーバーを買うべきなのか

 

自分の好きな味を買ってください……と言いたいところですが、最初に買うのは、Capella Flavorsのものをおすすめしたいです。

 

何故かというと、

味が分かりやすい

んですね。

 

私は現在、Capella Flavors(今後、当ブログではカペラと呼称)とThe Perfumer's Apprentice(今後、当ブログではTPAと呼称)というメーカーのフレーバーを使っているのですが、傾向として

 

Capella Flavors

わかりやすく、人の記憶に残っている香りを表現している。

ありがちな香りではあるが、その分失敗もしにくい。

 

THE Perfumer's Apprentice

リアルな香りを追求しており、その香りのマイナス部分すらも再現しようとしているイメージ。

うまくハマればかなりいい線までいくが、それなりの試行錯誤が必要。

 

こんな感じです。

 

例えば、単体のフレーバーを試してみたとき、

カペラなら「あぁ〜、はいはい」ってなるんですが

TPAだと「ん……? えっと……ぁあ、はいはい」って感じです。

(分かってもらえるのかこの例え)

 

つまり、私が実際に試した限りでは

TPAは初心者向けではない

と言っていいと思います。

そうじゃないと思ってる人ごめんなさい

 

んじゃ、実際何を買えばいいの?

 

自分の好きな味を買ってください……と言いたいところですが(大事なことなので二度目です)最初は既存のレシピに沿って買うことをオススメします。

 

試行錯誤するのも当然楽しいですが、何も考えずに買い足していくと

 

ほとんど使わないフレーバーができてしまったり

 

もっとヒドいことになると

 

できあがったリキッドが毒物レベルでまずい

 

とかそんなことになります。

 

まずは先人達の知恵をありがたく拝借しつつ、ある程度の基本が分かってから自分流を磨くようにしましょう。

でないと、もの凄く回り道することになりますよ。

 

私のように。

 

私が参考にしているサイト

 

もだんぷりみてぃぶ

もくもく村のけんちゃん

e-Liquid Recipes(英語) 

 

この辺をいつも参考にさせていただいてます。

先人達に感謝。

 

そして、私がいつもフレーバーを購入しているのはこちら。

VAPE CHK

 

ここのフレーバーカテゴリを眺めつつ、理想のリキッド作りに夢をはせましょう。

……そううまくはいきませんがね。

 

(品揃えを見て妄想中)…………。

 

Novelty

 

!?

 

Novelty2

 

 

!?!?!?

 

Novelty3

 

Bacon!?!?

 

 

ベーコン……だと……

 

 

 

VAPEの沼は暗く、そして深い。

 

 

※普通に美味しいベーコンらしいです。

そもそもVAPE専用の香料ではないのであって当然だったりもする

 

画像引用:VAPE CHK

-フレーバーレビュー, 自作リキッド