べぷたの

VAPE(電子タバコ)で楽しく禁煙・節煙しよう! MOD、リキッドなどの各種レビュー、自作リキッドの作り方、VAPEにまつわるTipsなどをお伝えします。

自作リキッド沼

自作リキッド

自作VAPEリキッドを作ろう! 基礎編

2016/09/05

 

私がVAPEの沼にどっぷりハマっているのは、ブログをご覧になっている以上一目瞭然だと思います。

中でも、私が現時点でハマっている一番深い部分は、『自作リキッド』という沼。

 

当初は、

 

「リキッドって結構高いよなぁ」

 

「ん、自作もできるのか……?」

 

「なんだ、こっちの方が好きな味作れるし、安いしいいんじゃね!?」

 

 

……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

 

このシリーズでは、私が通ってきたムダな回り道をできるだけ回避してもらうべく、私がたどってきた道を紹介していきたいと思います。

あくまでも私のやり方で、別の道も当然あると思いますので、ぜひあなたのやり方も教えてくださいね

 

決して平坦な道ではありませんが、なかなか面白い道ですよ。

 

自作リキッドを作るのに最低限必要な物

 

  • 植物性グリセリン(以下VGと表記)
  • プロピレングリコール (以下PGと表記)
  • フレーバー(香料)
  • 飽和メンソール溶液
  • シリンジ(ニードル付きのもの、100均などのものでも可)
  • 保存用の空いたリキッド瓶

 

まず基本はここからです。

それでは、具体的な作り方の流れとともに、それぞれ説明をしていきましょう。

 

自作リキッドの作り方

 

リキッドベースを作る

 

基本的にはVG:PGの割合が50:50のものが多いです。

市販リキッドによってはVGの割合がもっと高い物もありますが、粘度が高く、撹拌が面倒だったりなどの問題もあるので、まずは50:50前後を基本にしましょう。

PGには防カビの効果もあるので、最初からVGオンリーとかにしてしまうと、カビを生やしてムダにしてしまったりもしますよ。

 

植物性グリセリンについて

 

一般的には、 ファンタジーグリセリンと呼ばれるものを使っている人が多いようですね。

薬局にも売っている、 ケンエーグリセリンも使えなくはないですが、こちらは水分が含まれています。

好みにもよるのかもしれませんが、私は『加湿器の匂い』っぽいものを感じてどうもダメでした。

ただし、試飲するときの味のリセットなどには使えるので、値段の安いケンエーグリセリンも持っておくと便利ですよ。

 

試しに吸ってみよう

 

VGとPGをよーく撹拌したら、試しに吸ってみましょう。

※撹拌にはミルクフォーマーがオススメです。

 

フレーバーを入れていないのでほぼ無味ですが、グリセリンの微かな甘さが感じられると思います。

気になるのであれば、配合の割合をいろいろ変えてみた上で味や煙の量がどう変わるのか、試してみるのもいいでしょう。

 

こうやってできたベースリキッドに、フレーバーやメンソールなどを加え、リキッドが完成するわけです。

 

飽和メンソール溶液を作る

 

メンソールが苦手な人でなければ、絶対に作っておいた方がいいものです。

調合に失敗しても、メンソールをいれればとりあえず吸えるリキッドにはなることが多いので……。

 

メンソールの結晶が必要ですが、ここ(Amazon)とかここ(楽天)
とかで買えます。

10mlもあれば当分の間はもつので、パパっと作ってしまいましょう。

 

作り方

 

  1. 吸い終わったリキッド瓶(スポイト付きがベスト)を洗浄・乾燥した物に、容器ぎりぎりまでメンソール結晶を入れる。
    この際、必ずガラスの容器を使ってください。メンソールは樹脂容器への攻撃性が高く、すぐにボロボロになります。
  2. メンソールが入った容器の半分くらいまで、PGを入れる。
  3. よくかき混ぜ、数日放置。
  4. 綺麗に溶けているはずなので、もう一度メンソール結晶を足しておく
  5. これを繰り返し、結晶が少し残るくらい(飽和状態)になったら完成。

PGの量に対して、かなりのメンソールが溶けます。

ちゃんと飽和するまで、しっかり足してあげましょう。

 

早速トライ!

 

できあがったメンソール溶液を、早速試してみましょう。

 

リキッド10mlに対して、スポイト10滴も入れるとかなりスースーします。

RDA使ってる人とかだと、喉が痛いレベルかもしれません。

 

とりあえずは5滴くらいからはじめてみて、自分の好きな分量を見つけてみましょう。

 

今回のまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

ここまでの段階で、単純なメンソールリキッドは作ることができるようになりました。

 

次回以降は、フレーバーを使っていろいろな風味を作っていこうと思いますので、興味のある方はぜひお付き合いのほど。

 

次回:フレーバー編 その1

 

 

  

 

メンソール結晶(楽天市場 カフェ・ド・サボン)

 

-自作リキッド