べぷたの

VAPE(電子タバコ)で楽しく禁煙・節煙しよう! MOD、リキッドなどの各種レビュー、自作リキッドの作り方、VAPEにまつわるTipsなどをお伝えします。

nitecore D2 アイキャッチ

機材レビュー

【充電器】 NITECORE Digicharger D2 レビュー

 

今回紹介するのは、VAPEに使われるバッテリーには、これを使えばほぼ万全といっていい充電器、NITECORE Digicharger D2です。

MODで一般的に使われる事が多い18650だけでなく、26650や18350のほか、一般的な充電池はだいたい対応しています。

それでは、早速見ていきましょう。

 

外観

 

筐体はプラスチックですが、そんなに安っぽさは感じません。

 

nitecore D2 01

 

左に2つボタンがついており、これで設定を変更します(後ほど説明)。

大きさは千円札よりほんの少し大きいくらい

 

nitecore D2 02

充電器としては、ディスプレイがついているとはいえちょっと大きめと言えるでしょう。

 

早速使ってみる

 

電源ケーブルを挿し、早速18650バッテリーを充電してみます。

 

nitecore D2 03

 

ディスプレイが点灯し、充電時間、充電している際の電流値、現在のバッテリーの電圧などが表示されます。

また、右側のほうには充電のモードや自動判別されたバッテリーの種類などが表示されています。

 

安全性を重視しているのか、基本は500mAで充電されるため、満充電まではそれなりの時間がかかります。

 

また、この充電器は、二本同時に充電する場合、その二本の状況を自動的に判別して充電をしてくれます。
残り容量が違う物を同時に充電しても大丈夫、というわけですね。

 

そして、充電が完了するとこのように表示され、充電が終わった事を知らせてくれます。

 

nitecore D2 04

 

ボタンによる設定

 

SLOTボタン

LCDに表示されている情報を、充電スロットごとに切り替える事が出来ます。

また、1秒の長押しをする事で、バックライトをオフにする事が出来ます。

 

MODEボタン

『MODE』ボタンを1秒押す事により、LCDの右に『LOW』と表示され、300mA充電モードになります(もう一度1秒押せば戻ります)。

小容量のバッテリー充電をする時に使うモードらしいですが、VAPEのバッテリーの場合は基本気にする必要は無いでしょう。

また、『MODE』ボタンを2秒押す事により、LiFePO4というバッテリーに対応するモードになるらしいです(同じくもう一度2秒押しで解除)。
正直、それがどんなものなのか全く知らないので、こちらも基本使う事は無いでしょう。

 

注意事項

 

バネがちょっと固め

いろいろな種類の電池に対応させるためには仕方ないのでしょうが、電池を入れる時のバネがちょっと固めです。

電池は被膜を傷つけてはいけないので、入れる際、取り出す際に引っかけてしまわないように気を付けましょう。

 

海外通販で買う際はプラグの種類に注意

国内で買う場合は問題ないと思いますが、海外通販で買う場合、電源コードでUSプラグが選べる事を確認しましょう。

間違ってEUプラグやUKプラグの物を買ってしまうと、物理的にコンセントに刺さりません。
わざわざそれように変換プラグなどを買うハメになりますので、ちゃんとチェックしてから買うようにしましょうね。

 

総評

 

普通に充電してくれて、普通に使えます。

 

バッテリーというものは、扱いを間違えると危険が伴う部分です。
そういうクリティカルな部分には、こういう信頼の置ける製品を使いたい所。

MODだけでも充電はできますが、予備のバッテリーと充電器を用意しておくだけで、安心感がだいぶ違いますよ。

吸いたい時にバッテリーがなくて吸えない、なんていう自体も回避しやすいですしね!

 

Amazonで『NITECORE Digicharger D2』を検索

 

NITECORE D2 全自動デジタル/マルチ充電器 Digicharger D2 【並行輸入品】

価格:2,808円
(2016/9/15 20:28時点)
感想(0件)

 

-機材レビュー